【オンカジ戦略分析】今後のオンラインカジノの戦い方を徹底的に見直してみる

【オンカジ戦略分析】今後のオンラインカジノの戦い方を徹底的に見直してみる

こんにちは!
寝違えたのか、左肩から左わき腹にかけて
ところどころが痛い【茶坊主】です。

朝起きたら、左半身に違和感。
思うように体が動かせない状態です・・・

年が原因か、運動不足か。
どんな寝方をしたらこうなるのか。

やっぱり定期的に体は動かした方がいい。
引きこもってオンラインカジノばっかりしてたら
アカンってことですww

さて、台風が過ぎ去ってからというもの
一気に「夏」という感じですね!

今年はオンラインカジノで稼いで
いつもより熱い夏を過ごしたい!

そんな野望を抱いておりますw

で、前回は過去10回の勝負を振り返ったところ。

この戦績をもとに
今後のオンラインカジノの戦い方を
しっかりと決めていきたいと思います!

すこしおさらいになりますが、
前回、戦略を決める上で重要なポイントは

① ゲームと攻略法の相性
② 賭ける金額と引き際の決め方

ではないか、と仮説を立てました。

今日は、この辺りをぐっと掘り下げて
分析していきたいと思います。

ゲームと攻略法の相性について

【オンカジ戦略分析】今後のオンラインカジノの戦い方を徹底的に見直してみる

前回もすこし紹介しましたが、
遊ぶゲームと選ぶ攻略法。この相性ですよね。
詳細に関しては下記を参照
⇒「【オンカジ体験レポート】無料プレイ10日間の収支結果は?

攻略法といっても
「ベッティングシステム」のことなんですが。

有名どころでは
「マーチンゲール法」
「モンテカルロ法」
「10パーセント法」などなど。

やみくもに決まった額を賭けるのではなく。
いままでの戦績や状況に応じて
ベット額を変えていくやつですね。

まだまだ経験が浅いので
この相性を見極めるには、もう少し場数踏まないといけない。

今のところイメージとしては
こんな感じかな~・・・。

 

【オンカジ戦略分析】今後のオンラインカジノの戦い方を徹底的に見直してみる

 

これはあくまでも今の考え方。

回数を重ねていく度に、
この辺りは変化していくと思うな~。

賭ける金額と引き際の決め方

で、もう一つポイントとしては

「賭ける金額」の設定と「引き際」ですね

今までの自分ルールとしては
・軍資金の100ポイントがなくなったら終了
・稼ぎが1.5倍になったら終了

でしたが、
どこで勝ち逃げして、
どこで見切りをつけるのかによって
トータルの収益が大きくかわると思います。

ギャンブルでよくある
「たられば」としては。

「あの時にやめておけば・・・」

ということですよね。

今までの勝敗表を見てても思うんですが、

やっぱり「波」っていうのがあるんですよ。

勝って、負けてを繰り返して、波ができる。

要はその波が上昇中の時にやめれば
勝ち逃げができるということ。

で、今までの自分ルールで言うと、
設定額の1.5倍を目標にしていたわけです。

ほとんどの場合、軍資金を100で設定していたので、
50ポイント増えないと勝ち逃げができない。

 

【オンカジ戦略分析】今後のオンラインカジノの戦い方を徹底的に見直してみる

 

仮に「1ポイント」を2倍配当のゲームに
マーチンゲール法で賭け続けたとします。

あり得ないことなんですが、
全て連勝したと想定した場合
50連勝しないといけないわけです。

賭ける金額を「3ポイント」にすれば
17連勝しないといけない。

賭ける金額を「5ポイント」にすれば
10連勝しないといけない。

じゃ、「5ポイント」に賭ければいいじゃんと
思うかもしれませんが・・・

次に考えないといけないのが、
連敗した時に何回まで挑戦できるかということ。

仮に「5ポイント」を基準として
マーチンゲール法で連敗してしまった場合・・・。

① 5ポイント ⇒ 残金95ポイント
② 10ポイント ⇒ 残金85ポイント
③ 20ポイント ⇒ 残金65ポイント
④ 40ポイント ⇒ 残金 25ポイント

ここで残金がなくなり、
5回目の勝負をしたくても
ベッティングシステムが崩壊するので、
これ以上は賭けることができなくなります。

つまり実質的に
「4連敗」しかできない。

これは非常にリスク高いです!
4連敗することは結構ありますからね~・・・。

つまり、
どの攻略法を選択するかによって、
賭ける基準とする金額と
何連敗までできるかを把握しておく必要がある。
ということですね。

仮に、「1ポイント」を基準としたとしても
勝ち逃げするタイミングを
軍資金の25%と設定することで、
勝ち逃げできる可能性は上がります。

トータルで見た時の勝率も考える

ここで一緒に考えておきたいのが、
10回オンラインカジノに挑戦した場合の勝率です。

 

【オンカジ戦略分析】今後のオンラインカジノの戦い方を徹底的に見直してみる

 

例えば、今までの自分ルール
・軍資金の100ポイントがなくなったら終了
・稼ぎが1.5倍になったら終了

これを律義に適用した場合。
10回挑戦のうち・・・

10勝0敗 ⇒ +500ポイント
7勝3敗 ⇒ +50ポイント
5勝5敗 ⇒ -250ポイント
3勝7敗 ⇒ -550ポイント
0勝10敗 ⇒ -1000ポイント

こうなります。

これって10回中、7回勝たないと
収支はトータルでプラスにならないということに・・・。

これは、ちょっときついですよね。

今回の無料プレイチャレンジで、
10回勝負した結果は、5勝5敗。

負けこむ前にやめてしまったり、
タイミングの問題で勝ちすぎた分があったので
マイナスにはならなかったものの、

やはりこれは
「引き際」ラインの設定ミスと言えます。

設定する段階で、最低でも
5勝5敗で収支プラスマイナスゼロには
持っていきたいところです。

結局のところどう戦っていくのか?

はい。
ここまでで、ある程度の分析ができました。

で、結局のところどう戦っていくかです。

まず一つ言えるとすれば、
ゲームの内容と攻略法によって
自分ルールを変える必要がある。

ということです。

2倍配当のゲームと
3倍配当のゲームでは
当然勝率が変わるので、
同じ自分ルールを適用することはできません。

このルールを決める上で
もう少しデータが必要になってきました。

なので、次の回からは
5回1セットにして、
同じゲームを連続してプレイしたいと思います!

で、毎回プレイする前には
ベッティングシステムの違いによる
・勝利までの最低回数
・連敗が許される回数

これらを事前に割り出したうえで、
「賭ける金額の基準」を設定し、

そのうえで
自分ルールを設定し、勝ち逃げできる可能性を高める。

こんな感じで行きたいと思います!

次回からは、
もっとシステマチックな勝負になっていきますね!

今からワクワクしてきました!

それでは今日はこの辺で。
次回をお楽しみに!!

 

▼10日間のオンラインカジノ無料プレイ体験レポートはこちら▼

投稿を作成しました 24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る